経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計1/30(火)2/2(金)2/7(水)
政策金利2/1(木)2/6(火)
GDP2/15(木)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2022年03月30日

イギリスがまた利上げです

尾瀬ヶ原の景色です。正面は燧ヶ岳。 #尾瀬 #尾瀬ヶ原 #燧ヶ岳 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印帳】 石清水八幡宮 @京都府

京都の国宝、石清水八幡宮の御朱印帳です。
御朱印もたくさん種類があるので、何度参拝しても楽しいですね。

こんにちは、ほくほくです。

主要国の景気は徐々に良くなっていますね〜

英中銀が25bp追加利上げ、金利0.75% カンリフ副総裁が反対

イングランド銀行(英中央銀行、BOE)は17日、インフレ抑制に向けて政策金利を0.50%から0.75%に引き上げた。ただ、エネルギー価格の高騰で家計が大きな打撃を受けていることから、今後の追加利上げの必要性については文言を和らげた。

利上げは昨年12月以降、3会合連続。金融政策委員9人のうち8人の賛成多数で決定した。ジョン・カンリフ副総裁はコモディティー価格の上昇による需要への影響を懸念し、据え置きに票を投じた。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は、全会一致での利上げ決定見通しだった。

現在のインフレ期待は十分に定着していると判断する一方、大半の政策委員が、このところの賃金の伸びや物価動向がインフレ期待に織り込まれるリスクを減らすために利上げを行ったとした。

英中銀は、4月のインフレ率が約8%に達するとの見通しを公表。これは先月時点の見通しより約1%ポイント高い。また、今後はさらに上昇する可能性があると警告した。エネルギー料金がウクライナ紛争を受けてさらに上昇し、家計への圧迫は英中銀が先月予測したものよりもはるかに大きくなる可能性がある。

こうした懸念を反映し、追加利上げの必要性については表現をトーンダウンさせた。

「金融政策委員会は、今後数カ月はさらに緩やかな引き締めが適切かも知れないと判断したが、中期的な見通しがどのように進展するかによってその判断には両面にリスクがある」とした。先月にはさらなる緩やかな引き締めが「適切である可能性が高い」と述べていた。

これを受けてパンテオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、サミュエル・トムズ氏は、英中銀の利上げ終了が目前に迫っていると指摘。「中銀がおそらく5月の次回会合で政策金利を1.00%に引き上げ、それで利上げサイクルが終了するというわれわれの見方に確信が持てた」と述べた。
2022/03/17 11:32 ロイター

そろそろ一旦様子を見るようで、5月にもう一度利上げしてそこで停止するようです。
いずれにしても、利上げはスワップが増えるのでうれしいですね。

20220330_fx.jpg

本日の収入は 12,457 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,080,236 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,085,970円)
+スワップ(88,266円)
+出金額合計(806,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(7,900,000円)

今日は相当の利益が出ました。
最近の為替上昇はすごいですね。

さあ、今週も後半戦。
そして週末には4月入り。
引き続き頑張っていきましょう!

posted by o(^0^)o ほくほく at 00:00 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。