経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計4/26(木)5/4(水)
政策金利5/5(木)5/5(木)5/3(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2022年04月08日

アメリカの失業率は約2年ぶりの低さ

#バチカン #サン・ピエトロ広場 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
【昨日のアクセス数No.1記事】

  ◆【御朱印帳】 関山 中尊寺 @岩手県

世界遺産中尊寺の御朱印帳です。
御朱印帳を購入すると、見開きの御朱印を書いて頂けます。

こんにちは、ほくほくです。

アメリカの雇用統計が発表されました。

米雇用統計:識者はこうみる

米労働省が1日発表した3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月より43万1000人増加した。失業率は3.6%と2020年2月以来、約2年ぶりの低水準となった。市場関係者の見方は以下の通り。

●2回以上の米大幅利上げへの期待持続

<コーペイのチーフマーケットストラテジスト、カール・シャモッタ氏>

再び堅調な数値が発表されたことで、米連邦準備理事会(FRB)が今後数カ月で2回以上の大幅な利上げを実施するとの期待が持続し、ドル高を促す勢いが増している。ウクライナの停戦を巡る期待が薄れ、世界のリスクセンチメントは引き続き悪化し、ドルを押し上げている。一方、コモディティー関連通貨は政策変更によって一段の上昇が抑制され、圧力を受けつつある。

●5月の0.5%利上げ確実

<シュワブ金融調査センターのトレーディング・デリバティブ部マネジングディレクター、ランディー・フレデリック氏>

今回の雇用統計はかなり予想された通りで、極めて底堅かった。インフレが引き続き問題であることは明らかで、米連邦準備理事会(FRB)の対応に変わりはない。5月4日(の米連邦公開市場委員会=FOMC)において0.5%ポイントの利上げがあることは間違いないだろう。

昨日発表された個人消費支出(PCE)価格指数の伸びは高かったが、賃金もほぼ同様に上がっていることが分かった。

●6月も50bp利上げの可能性

<スパルタン・キャピタル・セキュリティーズ(ニューヨーク)のチーフ市場エコノミスト、ピーター・カルディリョ氏>

賃金圧力が存在していることが示され、5月の連邦公開市場委員会(FOMC)で50ベーシスポイント(bp)の利上げが決定されるのはほぼ確実になった。

インフレがさらに加速すれば、6月のFOMCでも50bpの利上げが実施される可能性がある。

今回の雇用統計は基本的に好調だった。FRBが一段とタカ派化することを示している。
2022/04/02 0:02 ロイター

好調な雇用統計を受けて、アメリカは利上げ継続ですね、きっと。

20220407_fx.jpg

本日の収入は 5,111 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,101,483 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,096,967円)
+スワップ(87,516円)
+出金額合計(817,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(7,900,000円)

今日も大幅利益ですね。
最近、ありがたい相場が続いています。

今週もお疲れさまでした。

posted by o(^0^)o ほくほく at 00:00 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。