経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2022年11月18日

イギリスが0.75%利上げ

#妙義山 #第二見晴 #日本二百名山 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-US想い出でアメリカを塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録してアメリカ地図を塗りつぶすアプリ『Fillmap-US』をリリースしています。

こんにちは、ほくほくです。

イギリスがさらに利上げしました。

英中銀、0.75%利上げ 「必要に応じて力強く対応」

イングランド銀行(英中央銀行)は3日、2.25%の政策金利を0.75%ポイント引き上げ3%とした。英国の見通しは非常に厳しいとの認識を示し、「必要に応じて力強く対応する」姿勢を示した。

インフレ率は今四半期中に40年ぶりの高水準となる11%前後に達すると予想。すでに始まっている経済の縮小は2年続き、2008─09年の金融危機時よりも長引くとの見通しを示した。

0.75%の利上げは、1992年の「暗黒の水曜日」を除けば過去33年間で最大規模となる。事前のロイターのエコノミスト調査でも0.75%利上げが予想されていた。

0.75%引き上げは7対2で決定。テンレイロ委員とディングラ委員はすでにリセッションに入っている可能性があるとして、それぞれ0.25%、0.5%の利上げを主張した。

英中銀は「インフレ率の目標水準への持続的回帰を果たすには、金融市場が織り込む水準よりは低いが、その水準に向けて引き上げる必要があるとみられる」と異例の踏み込んだガイダンスを示し、「委員会は引き続き、見通しがより持続的なインフレ圧力を示唆する場合、必要に応じて力強く対応することになると考える」とした。

3日の政策発表直前、市場は政策金利が4.75%付近まで上昇すると予想していた。
2022/11/03 22:17 ロイター

引き続きインフレ率が高い状況で、さらなる利上げが見込まれます。

イギリスの政策金利が3.00%になるのは、2007年11月以来です。
15年ぶりの金利と言えますね。

今後どうなるか、注目しましょう。

20221118_fx.jpg

本日の収入は 4,164 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,510,193 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,696,528円)
+スワップ(168,665円)
+出金額合計(895,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,250,000円)

日銀の為替介入を警戒しつつも、相場の動きが戻りつつあります。
大きいのは、アメリカの消費者物価指数が下がったことによる、ダウの上昇、そして米ドルの下落。
日銀が警戒するレベルより低い水準で、上下動が激しくなってきました。

来週の相場も楽しみにしましょう。
今週もお疲れさまでした。

posted by o(^0^)o ほくほく at 20:45 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。