経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計1/30(火)2/2(金)2/7(水)
政策金利2/1(木)2/6(火)
GDP2/15(木)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2022年12月14日

オーストラリア経済は沈静化傾向

#佐渡 #新潟県 #二ツ亀 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-World想い出で世界を塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録して世界地図を塗りつぶす白地図アプリ『Fillmap-World』をリリースしました。

こんにちは、ほくほくです。

オーストラリアのGDPが発表されました。

豪第3四半期GDP、前期比+0.6%に鈍化 物価・金利高が消費に影響

オーストラリア統計局が7日に発表した第3・四半期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.6%増加し、前四半期の0.9%増から伸びが鈍化し、エコノミスト予想の0.7%増に届かなかった。物価高騰と金利上昇が個人消費に影響した。

前年比では5.9%増加。予想は6.2%増だった。昨年終盤に新型コロナウイルス禍から経済活動が再開したことが大きく寄与した。

家計消費は前期比1.1%増と、引き続き経済成長の原動力となった。旅行や外食、新車購入の支出がけん引した。ただ、伸び率は第2・四半期の2.1%から鈍化し、1年ぶりの低さとなった。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)による物価と需要の抑制に向けた金融引き締めが効果を表していることが示唆された。

キャピタル・エコノミクスのシニアエコノミスト、マルセル・ティエリアント氏は、金融引き締めや実質収入の減少が消費を圧迫しつつあるため、第3・四半期の「そこそこ良い」GDP成長率は悪化前の「最後の輝き」となる可能性があると述べた。

GDP統計では物価上昇圧力が広範囲に及んでいることが示され、国内需要の物価指数(GDPデフレーター)は1.8%上昇と、2000年の物品サービス税導入以降で最大の伸びを記録した。

賃金と類似性のある従業員報酬は06年以来の大幅な増加率となった。失業率が3.4%の低水準で推移する中、企業は人員の獲得・維持のための出費を余儀なくされた。
2022/12/07 10:06 ロイター

利上げを継続しているオーストラリアで、GDPの伸びが鈍化しているのは、金融政策の効果ともいえるでしょう。
今後、経済が冷えすぎないように留意しつつ、金利を上下させると思います。
正常な経済の動きですね。

20221214_fx.jpg

本日の収入は 2,226 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,541,998 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,761,127円)
+スワップ(175,871円)
+出金額合計(905,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,300,000円)

今日も利益が出てくれました。
今週後半も頑張ります。

posted by o(^0^)o ほくほく at 22:37 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。