経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計3/29(金)4/5(金)
政策金利4/10(水)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2022年12月26日

EUも利上げです

#伊勢神宮 #皇大神宮 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-JP季節を感じる日本のこよみ
旧暦や二十四節気、七十二候などを表示するアプリ『旧暦パネル』をリリースしました。
ウィジェットでいつでも今日の旧暦が見られます。

こんにちは、ほくほくです。

利上げラッシュですね。

ECB、利上げ幅0.5%に減速 来年3月から資産圧縮

欧州中央銀行(ECB)は15日の理事会で政策金利の0.50%ポイント引き上げを決定した。利上げは4会合連続だが、利上げ幅は過去2回の理事会の0.75%ポイントから縮小した。また来年3月からバランスシートを縮小する計画も明らかにした。

中銀預金金利は市場予想通り2.0%に引き上げられた。新たな経済予測によると、インフレ率が2%に回帰するまではまだ数年かかる見通しで、追加利上げが引き続き検討されるとの見解が示された。

ECBが7月以降に実施した利上げ幅は合計2.5%ポイントとなった。金融引き締めペースとしては過去最速となる。

ECBは声明で「インフレ見通しが大幅に上方修正されたことを踏まえ、さらなる利上げが見込まれる。インフレ率を適切な時期に中期目標である2%に戻すには、まだ安定したペースでの大幅利上げが必要」と判断した」とした。

ECBは、今後の利上げ幅も0.50%ポイントとし、借り入れコストは「制約的」な水準に長期間とどまることを強く示唆。投資家の引き締めペース鈍化期待を打ち消した。

前日には米連邦準備理事会(FRB)も利上げ幅を0.75%ポイントから0.50%ポイントに鈍化させていた。イングランド銀行(英中央銀行)もこの日、0.5%ポイントの利上げを決定している。

ECBはこの日に発表した新たな経済見通しで、ユーロ圏のインフレ見通しを引き上げ、物価上昇率が2025年までの予想期間を通じ目標の2%を上回ると予想。FRBや英中銀と同様に、インフレ対応に引き続き真剣に取り組んでいく姿勢を示した。
2022/12/15 22:42 ロイター

日本もほんの少し利上げの動きを見せましたが、諸外国は軒並み本格利上げですね。
まだまだ、外貨投資有利が続きます。

20221226_fx.jpg

本日の収入は 2,477 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,560,780 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,824,906円)
+スワップ(180,874円)
+出金額合計(905,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,350,000円)

今日はしっかり利益が出てくれました。

今年もあと1週間!
良い年末を過ごしましょう。

posted by o(^0^)o ほくほく at 21:33 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。