経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2023年01月06日

日本の失業率は2.5%

#上高地 #涸沢 #紅葉 #登山 #長野県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-JP想い出で日本を塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録して日本地図を塗りつぶす白地図アプリ『Fillmap-JP』をリリースしました。

こんにちは、ほくほくです。

日本の失業率が改善したようです。

失業率11月は2.5%に改善、完全失業者減少 有効求人倍率1.35倍で横ばい

総務省が27日に発表した11月の完全失業率(季節調整値)は2.5%で、前月から0.1ポイント改善した。経済が回復に向かう中、完全失業者が減少した。一方、厚労省が発表した有効求人倍率は1.35倍と、前月から横ばいだった。

ロイターがまとめた完全失業率の事前予測は2.5%だった。

男性の失業率は2.8%と前月と同率。女性は2.2%で、前月から0.1ポイント低下した。

就業者数(季節調整値)は6713万人で、前月から23万人減少。

完全失業者数(同)は173万人で、前月から5万人減少した。「自発的な離職(自己都合)」が6万人、「非自発的な離職」が1万人それぞれ増加した一方、「新たに求職」が8万人減少した。家計を支えるために新たに仕事を探し始める人が減ったとみられる。

<有効求人倍率、上昇頭打ちか見極め>

有効求人倍率は前月まで10カ月連続で上昇してきたが、今月は横ばい。担当者によると、上昇が頭打ちかどうかは今後の動向の見極めが必要だという。

有効求人倍率は求職者1人当たりに企業からの求人が何件あるかを示す。有効求人数(季節調整値)は前月に比べて1.3%減、有効求職者数(同)は1.5%減だった。

11月の新規求人数(原数値)は前年同月比8.7%増加。産業別では「宿泊業、飲食サービス業」が同21.2%増と大きく伸びた。自治体による観光促進支援の効果や、年末年始の利用客増加を見込んだ求人が増えたという。このほかサービス業(他に分類されないもの)が13.2%増、「卸売業、小売業」が同13.0%増となった。
2022/12/27 8:46 ロイター

景気は回復傾向にあるようです。

20230106_fx.jpg

本日の収入は 10,949 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,587,599 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,838,189円)
+スワップ(186,410円)
+出金額合計(913,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,350,000円)

これはまた、一気に利益が膨らみました。
2023年は、年明け早々元気な相場です。

来週も宜しくお願いします。

posted by o(^0^)o ほくほく at 21:19 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。