経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計5/31(金)6/7(金)6/13(木)
政策金利6/12(水)6/6(木)
GDP6/10(月)6/5(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2023年02月20日

オーストラリアがさらに利上げです

#木曾駒ヶ岳 #千畳敷 #登山 #長野県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-US想い出でアメリカを塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録してアメリカ地図を塗りつぶすアプリ『Fillmap-US』をリリースしています。

こんにちは、ほくほくです。

オーストラリアがまた利上げしました。
そして、今後の見通しが発表されました。

豪中銀が0.25%利上げ、10年ぶり高水準 追加引き締め示唆

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は7日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを25ベーシスポイント(bp)引き上げ、3.35%とした。10年ぶりの高水準となる。追加利上げが必要になるとの見通しを改めて示し、大方の予想よりもタカ派的なトーンを打ち出した。

政策の道筋は事前に決まっていないという従来のガイダンスを削除。インフレ率は2025年半ばまでに中銀が目標とする2─3%レンジの上限に当たる3%前後に低下するとの見通しを示した。

中銀の発表を受けて豪ドルは0.6940米ドルに上昇。市場が織り込む政策金利のピークは発表前の3.75%から●3.9%に上昇した。少なくとも3月と4月に利上げがあるとの見方を織り込んでいる。

中銀のロウ総裁は声明で「理事会はインフレ率を目標値に戻し高インフレを一時的なものにするために、今後数カ月でさらなる利上げが必要になると考えている」と説明した。

CBAの豪経済担当トップ、ガレス・エアード氏は「サプライズは決定自体ではなく、声明文のトーンとフォワードガイダンスの変化だった」と指摘。政策金利のピークの予想を3.35%から3.85%に引き上げたことを明らかにした。

同氏は「中銀理事会は、経済指標が修正後の予測通りなら今後数カ月追加利上げを実施する決意を事実上固めたと言える」と述べた。
2023/02/07 13:00 ロイター

来月再来月も利上げが見込まれるようです。
これは、楽しみになってきました。

20230220_fx.jpg

本日の収入は 1,992 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 4,672,470 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(12,943,132円)
+スワップ(202,338円)
+出金額合計(927,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,400,000円)

週明けから好調な滑り出しです。
今週も頑張りましょう。

posted by o(^0^)o ほくほく at 21:39 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。