2023年11月17日

アメリカの雇用逼迫は緩んだようです

#中山寺 #大師堂 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-JP想い出で日本を塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録して日本地図を塗りつぶす白地図アプリ『Fillmap-JP』をリリースしています。

こんにちは、ほくほくです。

アメリカの雇用統計、今回は予想より低かったようです。

米10月雇用統計 就業者市場予想下回る 労働市場ひっ迫緩む傾向

アメリカの10月の雇用統計が発表され、農業分野以外の就業者は前の月より15万人増加しました。市場予想を下回り、労働市場のひっ迫が緩む傾向が示された形です。

アメリカ労働省が3日発表した、10月の雇用統計によりますと、農業分野以外の就業者は前の月より15万人増加しました。

17万人程度の増加を見込んでいた市場予想を下回りました。

また失業率は前の月と比べて0.1ポイント上昇し、3.9%となりました。

労働者の平均時給は
▽前の年の同じ月と比べ4.1%、
▽前の月と比べて0.2%、
それぞれ増加したものの、いずれも市場予想とほぼ同じ水準で、ピーク時と比べて落ち着く傾向となっています。

インフレの要因となってきた人手不足や賃金の上昇など労働市場のひっ迫が緩む傾向が改めて示された形です。

FRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長は、追加の利上げを行うかどうかは労働市場の動向が重要だという考えを繰り返し示しています。

今回の統計を受けて市場では、FRBが12月に開く会合で、3会合連続で利上げを見送るという観測が強まっています。

NY市場 円相場 一時 149円台前半まで値上がり
アメリカの10月の雇用統計を受けて、3日のニューヨーク外国為替市場では円がドルに対して買われて円相場は一時、1ドル=149円台前半まで値上がりしました。

就業者数の伸びが市場の予想を下回り、インフレ圧力が弱まったとの見方から、金融引き締めが長期化するとの懸念が和らぎ、これまで売られていた円を買い戻す動きが強まりました。
2023/11/03 22:24 NHK

新規雇用者数が予想を下回り、失業率も若干上昇したようです。
まあ、今のアメリカの失業率は、記録的に低い水準ですからね。
金融引き締めの効果もあり、需給ひっ迫が緩んだようです。
狙い通りという事も出来ますね。

ちなみに、その後152円を超えるかと思われていたドル円水準は、今なんと149円台にまで落ちてきています。
何か介入がありましたかね。

トレンドとして、円安は継続されそうだと考えています。

20231117_fx.jpg

本日の収入は 1,414 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 5,105,940 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(13,727,990円)
+スワップ(209,950円)
+出金額合計(1,018,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(8,850,000円)

今日は少しの利益でした。

今週もお疲れ様でした。
今年もあと1か月半。
来週も頑張りましょう!

posted by o(^0^)o ほくほく at 20:04 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。