経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計3/29(金)4/5(金)
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2024年02月09日

アメリカの利下げ観測は遠のきました

#愛鷹山 #越前岳 #富士山 #登山 #静岡県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-IT想い出でイタリアを塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録してイタリア地図を塗りつぶすアプリ『Fillmap-IT』をリリースしています。

こんにちは、ほくほくです。

日本時間では1日の朝方、FOMCの金利発表がありました。

米FRB、金利据え置き:識者はこうみる

米連邦準備理事会(FRB)は30─31日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を5.25─5.50%で据え置いた。据え置きは4会合連続。声明でインフレ懸念に関する文言を和らげたほか、金利引き上げの可能性を巡る言及を削除し、向こう数カ月の利下げの可能性に向け大きな一歩を踏み出した。
市場関係者に見方を聞いた。

◎想定の範囲内、日経平均は値固めに
<大和証券 チーフ・グローバル・ストラテジスト 壁谷洋和氏>
声明では、利下げはインフレ率が2%目標に向かうとの確信が深まるまで適切だとは考えていないとしたが、当然の話であり、サプライズではない。一方、政策金利がピークに達している可能性が示唆され、時期は前後するにしても利下げに向かうとの市場の見方に変化はない。
米株の下落は、期待先行で買われていた反動だろう。指数の下げは急落とまではいえない。大きな波乱はなかったといえるのではないか。まだ、米大手ハイテク決算や雇用統計が控えており、足元の経済実態を見極める局面は続く。米国株はこれまでのような上昇ペースはいったん落ち着き、当面は一進一退になりやすいだろう。

◎雇用悪化に警戒必要
<バークレイズ証券 チーフ為替ストラテジスト 門田真一郎氏>
FOMCは早期利下げ観測をけん制するタカ派的なものであったが、ADPの1月民間部門雇用者増加数が予想を大きく下回ったことなどで、前日のドルは上下に振れる荒い動きとなった。
これまで米国は、物価上昇は鈍化してきたが景気は強い状況が続いていた。これでもし雇用が悪化し始めているようなら、早期の利下げ議論が再浮上する可能性がある。あすの雇用統計をはじめ、来週以降の物価統計なども確認したい。
米金利先物市場が織り込む3月の利下げ確率は、FOMC前の42%から35%に低下したが、5月の確率は79%から97%にむしろ高まっている。

◎利上げ可能性消滅、半年内の利下げに確信深まる
<りそなホールディングス 市場企画部ストラテジスト 石田武氏>
今後の政策見通しとして、利上げの可能性が完全に消滅したということと、3月ではないにせよ利下げをするのだとあらためて確認できたことが大きい。
朝方出た経済指標が弱かったこともあるが、中長期金利の観点からは、半年以内に利下げをすることへの確信度合いが深まったことが重要で、金利は低下(債券買い)している。一方、少しでも早く利下げしてほしい株式市場では失望を誘ったようだ。
(金利先物)市場の織り込みとしても、3月利下げの織り込みが低下した一方、5月についてはほとんど変わっていない。利下げタイミングの焦点が3月から5月に移っただけということも、今回、「3月利上げが無いならば金利上昇」という動きにならなかった背景だろう。
市場では3月利下げの織り込みがまだ3割強残っており、それがゼロになる過程では一旦(米)金利が上がる局面もあると思うが、長い目で見れば、金利は低下していく可能性の方が高いとみている。
日本の金利については、日銀がきのう公表した(1月の金融政策決定会合における)「主な意見」がサプライズ的にタカ派で、こちらも利上げを「やる、やらない」の議論ではなく、3月か4月に「やることは間違いない」という状況だ。米金利が大幅低下した時には追随する場面もあるだろうが、日本の金利は基本的には、ここからマイナス金利解除に向けて少しずつ上昇する展開を想定している。
2024/02/01 11:15 ロイター

どうやらアメリカは、利下げに向けて準備を進めているようですね・・・
「米金利先物市場が織り込む3月の利下げ確率は、FOMC前の42%から35%に低下したが、5月の確率は79%から97%にむしろ高まっている。」だそうです。

とはいえ、
「これでもし雇用が悪化し始めているようなら、早期の利下げ議論が再浮上する可能性がある。」との事でしたが、翌日発表された1月の雇用統計は市場予想を上回る力強さでした。
アメリカの利下げは、速くても5月、と見るのが妥当でしょうか。

一方で、日本についても面白いコメントが入っていますね。
「日本の金利については、日銀がきのう公表した(1月の金融政策決定会合における)「主な意見」がサプライズ的にタカ派で、こちらも利上げを「やる、やらない」の議論ではなく、3月か4月に「やることは間違いない」という状況だ。」
利上げされてしまうと住宅ローンの変動金利が変わってしまうのでイヤなのですが、はてさて、本当に利上げしますかね?日銀。
岸田内閣が経済活性をメインに据えており、また日銀も国債引受をしてしまっているので、なかなか上げにくいとは思いますが。。。
続け、低金利!

それでは、本日のFX運用成績をご報告します。

20240209_fx.jpg

本日の収入は 5,132 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 5,250,592 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(13,976,322円)
+スワップ(237,270円)
+出金額合計(1,037,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(9,000,000円)

今日もしっかり利益が出てくれました。

米ドルが再び、149円台に乗せましたね。
アメリカ経済の底堅さが出ています。
この20年、日本のGDPは500兆円近辺でもたついている間、アメリカは750兆円から2500兆円以上に成長しています。
結局のところ、潜在的な経済成長力の違いが、為替に表れていると思います。
海外旅行には行きにくくなってしまいますが、逆に高品質の日本製品を低価格で海外に買ってもらえるチャンスでもあります。
うまく乗り切れるといいですね。

それでは、今週もお疲れ様でした。

posted by o(^0^)o ほくほく at 17:58 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。