経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計3/29(金)4/5(金)
政策金利
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2024年02月19日

オーストラリアは金利据え置きでした

#木曾駒ヶ岳 #登山 #長野県 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-World想い出で世界を塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録して世界地図を塗りつぶす白地図アプリ『Fillmap-World』をリリースしています。

こんにちは、ほくほくです。

オーストラリアの金利発表がありました。

豪中銀、政策金利据え置き 物価警戒し追加利上げ排除せず

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は6日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを市場の予想通り12年ぶり高水準の4.35%に据え置いた。
ただ、インフレ率が依然高すぎるとして、追加利上げは排除できないと指摘。物価圧力の低下を示すさらなる証拠が必要としている。
比較的タカ派なトーンを受け、市場の予想する利下げ開始時期は8月から9月に後ずれした。
今回の政策決定について、昨年第4・四半期のインフレ率が予想以上に鈍化したことから据え置き予想が大勢だった。
しかし中銀は声明で「最近の指標はインフレが鈍化していることを示しているが、インフレ率は依然として高い。理事会はインフレ率が持続的に目標レンジに向かうと確信する必要がある」と表明。
「インフレが合理的な期間内に目標に戻ることを最も確実にする金利の道筋はデータと今後のリスク評価次第だ。追加利上げの可能性は排除できない」と述べた。
中銀は、合わせて公表した金融政策に関する四半期報告で、インフレ率と経済成長率の予測を引き下げたが、需要超過の状態が続いているとの認識を示し、利下げを急がない姿勢を示唆した。
2024/02/06 17:31 ロイター

今回も金利維持で、物価情勢を見据えつつ、利下げの時期を模索しているように見えます。
とはいえ、実体経済が強いので、利下げ予想時期は後ろ倒しになった模様。
健全な感じがします。

一方で、主要国の中で唯一、利下げではなく利上げ時期を模索している日本。
3月か4月ごろに利上げという見方があるようですが、実際どうなんでしょうね?
利上げすると、現在バブル期並みとなっている株価に冷や水が浴びせられるでしょう。
それでも、利上げをするのかどうか。
日銀の覚悟が問われます。

20240219_fx.jpg

本日の収入は 257 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 5,258,003 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(13,976,386円)
+スワップ(233,617円)
+出金額合計(1,048,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(9,000,000円)

週明けの今日は、少しの利益でした。

さあ、今週も始まりましたね。
頑張りましょう!

posted by o(^0^)o ほくほく at 17:42 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。