経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計5/31(金)6/7(金)
政策金利6/6(木)
GDP6/5(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2024年04月26日

日銀発表により円安加速!

#イタリア #モンテリッジョーニ - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
御朱印マップ御朱印集めを楽しむアプリ
御朱印の画像やメモ、御朱印帳を管理できるアプリ
『御朱印マップ』をリリースしています。
御朱印集めのお供にどうぞ。

こんにちは、ほくほくです。

先月、17年ぶりに利上げした日銀。
今日の政策金利決定会合の発表は、以下の通りでした。

日銀、追加利上げ見送り 国債買い入れ方針維持

日銀は26日に開いた金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決めた。追加利上げは見送り、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0〜0.1%程度に据え置いた。物価や賃上げの動向をさらに見極める必要があると判断した。

植田和男総裁は26日午後に記者会見し、決定内容や今後の政策運営について説明する。日銀は3月会合でマイナス金利を解除し、17年ぶりの利上げに踏み切った。市場参加者の大半も4月会合では現状維持を予想していた。

長期国債の買い入れ方針についても「3月会合で決定された方針に沿って実施する」と明記し、現状維持とした。3月会合では長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)を撤廃したが「これまで(異次元緩和下)とおおむね同程度の金額で長期国債の買い入れを継続する」との方針を決定していた。

日銀は会合後に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、金融政策運営について「経済・物価見通しが実現し、基調的な物価上昇率が上昇していくとすれば、金融緩和度合いを調節していく」と記述した。

日銀は一時的な要因を除いた基調的な物価上昇率が2%に達する可能性が高まっていくか見極めた上で追加利上げを判断する意向だ。展望リポートに明記したことで、今後の追加利上げに含みを持たせた。

リポートでは2024年度と25年度の消費者物価指数(生鮮食品除く)の前年度比上昇率の見通しをともに上方修正した。24年度は前回1月時点(2.4%)から2.8%に、25年度は同1.8%から1.9%へとそれぞれ引き上げた。
2024/04/26 12:23 日本経済新聞

この発表後に円安が加速し、現在米ドルは156円77銭近辺です。
日本が安く見られる発表内容でした。

20240426_fx.jpg

本日の収入は 9,570 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 5,341,356 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(14,335,240円)
+スワップ(97,116円)
+出金額合計(1,059,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(9,150,000円)

日銀の発表のお陰で、かなりのビッグポイントを稼ぎました。
日銀政策の良し悪しはさておき、この状況でうまく利益を稼いでいきたいですね。

今週もお疲れ様でした。

posted by o(^0^)o ほくほく at 19:34 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。