経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計5/31(金)6/7(金)
政策金利6/6(木)
GDP6/5(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2024年05月22日

イギリスは金利維持

#幕山 - Spherical Image - RICOH THETA
▼ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる高性能カメラ▼
RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Fillmap-JP想い出で日本を塗りつぶそう!
ワンクリックで写真を読み込み一括地図塗り!
写真やメモを記録して日本地図を塗りつぶす白地図アプリ『Fillmap-JP』をリリースしています。

こんにちは、ほくほくです。

イギリスの政策金利発表がありました。

英中銀が金利据え置き、総裁「正しい方向」 6月利下げ否定せず

イングランド銀行(英中央銀行)は9日、政策金利を6会合連続で5.25%に据え置いた。ベイリー総裁は「状況が正しい方向に進んでいると楽観している」と表明。利下げ票を投じた委員も2人に増え、2020年3月以来の利下げに一歩近づいた。
据え置きは7対2で決定。前回利下げ票を投じたディングラ委員に加え、ラムスデン副総裁も0.25%ポイント利下げ支持に回った。ロイター調査では、8対1での金利据え置きが予想されていた。
ベイリー総裁は会見で、市場の予想以上の利下げが必要となる可能性を指摘した。次回の金融政策委員会は6月20日に予定されている。「はっきりさせておきたいのは、6月の金利変更は否定されるものでもなければ、既成事実化されるものでもないということだ」と述べた。
これを受けて英ポンドは対ドル・対ユーロで下落。英国債の利回りは大幅に低下した。
キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ポール・デールズ氏は、イングランド銀は利下げに近づいている印象を与えたとし「インフレと賃金のデータが軟調であれば、8月でなくとも、6月の次回会合で利下げに踏み切るには十分だろう」と述べた。
2024/05/09 23:59 ロイター

イギリスは今回も金利維持。
そして、次回6月には、利下げの可能性もあるそうです。

確かにイギリスは現在、GDPの伸びはほぼなくなっており、インフレ率も3%台に落ち着きつつあります。
金融引き締め策の効果が表れているので、次は様子を見てまた緩和という事なのかもしれません。

順調ですね。

20240522_fx.jpg

本日の収入は 2,335 円でした。

◆ 現在の獲得利益 = 5,422,727 円 ◆
獲得利益 =
預託証拠金額(14,414,451円)
+スワップ(81,276円)
+出金額合計(1,077,000円)
−元本(1,000,000円)
−追加入金額(9,150,000円)

またジワジワと、ドル円が円安方向に動いています。
介入ラインを探っているかのようですね。
まだまだ、円安トレンドは続きそうです。

それでは、今週後半も頑張りましょうね。

posted by o(^0^)o ほくほく at 19:49 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。