経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計7/31(金)
政策金利8/4(火)
GDP
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2007年10月30日

【投資日記】 FOMC前

クリック&応援、お願いします!⇒にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

昨日のダウ上昇にもかかわらず、本日の日経平均は47円安の16,651円。一時は100円を超える下げで焦りました。

もう一波乱も二波乱もありそうな予感。
それでも上げて欲しいという期待。

難しい。
難しいですが、ここはじっと耐えてみます。

さて、米国では、30日と31日にFOMCが開かれます。
事前のマーケット予想では、政策金利の更なる0.25%下げが予想されており、引き続き発生しているサブプライムローン問題余波対抗策として期待されているようです。
とはいえ、開催前の投資家心理としては、やはり待ちの姿勢のようです。
米国債投資家、FOMC控え強気な見方が後退

 JPモルガン証券が発表した週間調査によると、30・31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、投資家の米国債に対する強気な見方が後退した。
 29日に実施された調査によると、米債のポジションについて「ロング」と回答した投資家の割合は13%で、4月以来の低水準となった。前週は20%だった。
 FRBが今回のFOMCで0.25%ポイントの利下げを実施するとの公算が高まるなか、投資家の関心はFRBが金融政策をどの程度まで緩和させるかに移行し始めている。
 「ショート」と回答した割合は20%と、前週の15%から上昇。
 「ニュートラル」と回答した割合も67%と前週の65%から上昇。
 マーケットメーカーやヘッジファンドなど積極的な投資家の動向は「ロング」が3%と4%から低下。
 「ニュートラル」は10%で9%から上昇、「ショート」は1%で前週と変わらず。
2007/10/30 23:40 ロイター

米国の政策金利は、まだまだ下げ余地がいっぱい。
住宅着工数といったファンダメンタル部分には不安が残りますが、金融政策的には今回の問題を乗り越えられる公算大ですね。

さて、お待たせしました。今日のほくほくポートフォリオ。

コード銘柄ポジ建日数量建値現値配当前日比損益
4689 ヤフー現物8/311742,90052,100 ▼ 6,800156,400
投信 グロソブ現物9/1237,5200.80440.8050181▲ 75205
4848 フルキャ現物9/20171,50061,000 ▼ 2,800-10,500
7203 トヨタ自買い9/251006,6406,410 ▼ 2,000-23,000
FX NZD買い10/1210,00090.6087.822,782▼ 3,030-25,018
8411 みずほ買い10/181627,000637,000 ▼ 2,00010,000
6502 東芝買い10/231,000987965 ▼ 35,000-22,000
7745A&D買い10/304001,2601,287 ▲ 10,00010,000
合計▼ 41,55596,087



今日は負けています。


昨日と同じく、今日は短期でA&D(7745)に参戦。
昼食時の株価に割安感と底打感を感じたため、急遽買い建て。
長く持って損した過去があるので、大引け前に捌いてしまいました。
ほんのちょっとの儲け。


東芝(6502)が大下げしたのが、今日の僕の都市伝説。
なんで?
東芝 6502.T 反落、業績予想を上方修正も予測を下回る

 東芝 <6502.T> が反落。29日の引け後に通期の業績予想を上方修正したものの、主要アナリストの予測値を下回ったことが売り材料となっている。
 連結営業利益予想はこれまでの2600億円から2900億円に引き上げられた。電力など社会インフラ事業や半導体など電子デバイスの収益が当初見込みを上回ることなどが修正の理由だとしている。ただ、修正した営業利益見通しは、ロイターエスティメーツにおける主要アナリスト15人の予測平均値3019億円を下回っている。
2007/10/30 09:22 ロイター

うーん、後付けっぽい説明。
それなら昨日の段階で下げるでしょう。
いずれにしても、好業績企業の下げなので、信用買いではありますが、しばらく様子を見ます。


それから、こんなニュースご存知ですか?
フリービット、26日は終日売買停止に――公告手続きの不備で株式分割を中止

 フリービット <3843.T> 株が26日、終日売買停止となった。同日午前2時35分、予定していた1対3株式分割(基準日は10月31日)について公告手続きの不備を理由に、中止を発表した。これを受け、東京証券取引所は分割の権利落ち日となる26日に設定予定だった基準値段(41万円)と前日終値(123万円)が大きくカイ離することで、売買状況に異常をもたらす恐れがあると判断。売買停止の処置をとった。
 本来、株式分割に関する決定公告は基準日の2週間以上前(今回は16日以前)から行わなくてはならないが、フリービットがこれを怠っていたもの。同社は「まったくの不注意による。流動性を高めるために株式分割を行う考えは変わらず、早期に実施したい」(IR担当)という。東証によれば、以後の売買の取り扱いについては改めて発表する予定。
2007/10/26 11:42 株式新聞社

ほくほくがよく取引するフリービットは、現在1対3の株式分割に向けて準備中(そして、1回失敗した)というニュース。
基本的に、株式分割は株価の上昇要因です。
11月末の分割を念頭に置いた方が良いかもしれません。

ちなみに、これは法的な拘束力はありませんが、東証は1取引単位50万円以下を推奨しています。
上場間も無い企業で、1取引単位が100万円を超えている銘柄は、節目で株式分割を行う可能性が高いようですよ。


週明け2連続、タクシー帰りは正直キツい。
明日は遅刻しないように頑張ります。


◆o(^0^)o ほくほくポートフォリオ評価額【1212.935】千円

◆ブログランキング、クリック&応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ


★先着20人完全限定★全く働かずして1時間でガンっと100万ゲット!ただあなたは○○○するのみ!究極の不労所得!
これは、即断力のみで、技術も知識もいらない!

インフォトレンドの企業並みのバックリンク10000件
個人のサイトが企業並に売上を上げることは不可能ですか?
posted by o(^0^)o ほくほく at 23:59 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。