経済指標flg_JPN.jpg
日本
flg_US.jpg
米国
flg_EU.jpg
EU
flg_UK.jpg
英国
flg_AUS.jpg
豪州
flg_NZ.jpg
NZ
雇用統計9/1(火)9/4(金)
政策金利9/10(木)9/1(火)
GDP9/8(火)9/2(水)
前月以前の経済指標スケジュールはこちら

2008年04月08日

利確2万4千円:ヤフーは徹底抗戦の構え

いつも応援ありがとうございます⇒にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

さすがの日経も調整局面。

今日の日経平均は199円安の13,250円。
この1週間ほどで1,000円近く上げてきているので、一旦調整というところでしょうか。

ほくほくポートフォリオも、今日は調整右斜め下
portfolio_20080408_2.JPG



ここ2日間で、ニュージーランドドルを少しずつ決済。
その上で、今日は新たに買い建てています。

こまめに、コツコツ積み立て。

さて、昨日掲載したヤフーとマイクロソフトの買収に関するニュースですが、今日はさらに進展があった模様です。
Yahoo!、MSの買収提案に改めて「No」

 米Yahoo!は4月7日、米Microsoftに送付した書簡を公開した。この中でYahoo!は「当社は株主利益の最大化につながるすべての選択肢に門戸を開いている」としつつも、Microsoftによる現在の買収提示額がYahoo!を「過小評価している」との見解には変化がないとして改めて買収提案を拒否し、提示額の引き上げを迫っている。

 この書簡は、5日にMicrosoftのスティーブ・バルマーCEOがYahoo!取締役会あてに送付した書簡を受けてのもの。5日の書簡の中でMicrosoftは、買収提案以降の景気減速と、Yahoo!の事業後退を示唆。3週間以内にYahoo!が買収に同意しなければ、提示額を引き下げ、委任状争奪戦を行うとしている。

 これに対し、Yahoo!のロイ・ボストック会長とジェリー・ヤンCEOは、先に公開した今後3年の財務計画に触れ、景気減速にもかかわらず同社の事業はむしろ堅調だとして、バルマー氏の見解を否定。逆に、Microsoft株価下落により、現金と株式による買収総額は減少したと指摘し、提示額は過小評価だと改めて否定した。また、委任状争奪戦の可能性については「非生産的」と非難している。

 Yahoo!は、「当社の価値をフルに評価した、ほかの選択肢より優れた条件であれば」Microsoftによる買収も含め、すべての選択肢を検討するとしている。
2008/04/08 11:45分 ITmediaニュース

つまり、ヤフーはこの買収提案に対し、徹底抗戦の構えを見せています。
買収価格が高い/安いという判断もあるものの、根底にあるのはマクロソフトに対するシリコンバレー企業の嫌悪感。
どうにも難しい問題に発展しそうな感じですね。

今日の利益確定で、3月の確定損失を取り戻した形になります。
ここからはまた、利益確定の旅。
4月は損を出さないように頑張ります。

◆o(^0^)o ほくほくポートフォリオ評価額【760.679】千円

◆ブログランキング、クリック&応援お願いします!
  にほんブログ村

posted by o(^0^)o ほくほく at 23:59 | Comment(0) | 資産運用◆日次運用報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。